やまだが既婚か未婚か。。。は置いておいて、やまだの結婚観をつぶやきたいと思います!

よく結婚を人生のゴールみたいに感じて、結婚さえすれば全てが幸せにいくと思っている人も多いと思いますが、結婚と言うのは「ゴール」では無いのです。実際のところ結婚は「スタート」ではないかと思います。

結婚をすると、今まで気にならなかった事でも気になる様になってしまったり、ちょっとしたすれ違いから起こる夫婦喧嘩だったり、相手が浮気をしてしまったり、嫁姑のトラブルが発生してしまったり、子供が産まれたら教育に関して意見の食い違いがあったりと本当に様々な問題が出てくる事だと思います。

その中でも一番結婚において大事な旦那さんとの関係について。。。

結婚をしたらやっぱり専業主婦で、旦那さんの帰りを待ってご飯作って幸せに暮らしました。と言う様に考えたい方も多いと思うのですが、結婚生活においてよく聞くのが専業主婦になった場合、旦那さんに「誰のおかげで生活出来ると思っているのだ」と言われる事もある場合があります。この言葉を言われると、何となくムッとしてしまいますよね。もちろんお金を稼いで来てくれているのだから感謝はしているけど、それを押しつけがましく言われると反抗したくなるものです。
それにこの言葉って海外では立派なDVとして見なされるって知っていましたか?日本では我慢して受け流しているこの言葉、海外では離婚にまで発展する大問題なのです。

我慢も良いですが、結婚した以上、我慢ばかりしていたらこの先が持ちません。言いたい事はきちっと言う様にして、結婚生活を幸せな物にして行く様にするのもとても大切なのです。結婚は理想ではなく、スタートだという意識をもって、ポジティブに望みたいですね!!