彼女の未体験ゾーンへ!

女性に限らず自分の未体験ゾーンと言うのは人間をドキドキさせる事が出来ます。
ドキドキ感を与えることで彼女に好意を抱かせる事が比較的簡単にできます。
あなたにも記憶があるはずです。
初めて訪れる場所、パチンコや競馬場、風俗やナンパも最初の時はドキドキしたはずです。
そのドキドキ感を恋愛に有効に活用しようということです。

例えば…真面目そうに見える女性を競馬場に誘うのは勇気がいります。
競馬=ギャンブルの認識が強いので女性に嫌われるかも知れない!と感じるので、真面目そうな女性を誘うのは勇気がいるのでしょう。

では、真面目そうに見える女性が何故?真面目なのか考えた事がありますか?
真面目に見える女性は真面目なんだと先入観をもってしまいます。
男性の大半が同じイメージを持つために、そういう女性をギャンブルに誘いにくい訳です。
女性本人が口に出していない限り…別にギャンブルに対して嫌なイメージがあるとも言い切れません。
むしろ…そういう誘いが少ないので行ってみたい!と感じているかも知れないのです。
勝手な妄想で「あの人は真面目そうだから…は行きたがらない!」と決めつけてはいけません。
真面目そうに見えるなら、普段に体験していなさそうな場所に誘う方がいいのです。
派手な女性なら…美術館もいいかも知れません。

あなたが彼女に対して感じるイメージと逆の方向へ誘えば未体験ゾーンへ誘導出来る可能性が高いです。
誘い方も重要で「競馬行かない?」だけでは女性の方も素直に「うん」とは言いにくいのです。
少し考えれば解りますがギャンブル好きな女性と思われたくない!と感じてしまったりするので、誘い方を少し工夫するのです。
「馬を見にいかない?凄くかわいいよ!」と誘う方が「競馬行かない?」よりも遙かに女性向けですよね?(笑
競馬の祭典、有馬記念でよく使われる?というか良く使う誘い方があります。
有馬記念はクリスマス近くの行われる競馬の祭典です。
そこで「競馬場に行こうよ~」と誘い相手が「…」そこで「最終レースはトナカイが走るという噂があるから確かめに行こう!」と誘うのです。
馬の変わりにトナカイが走るなんて少しロマンチックでしょ?(笑
これを応用してパチンコ屋を水族館と行って連れ出した人もいます…。

先入観を持つことなく、彼女が「行く」と言いやすい環境だけ整えてあげれば、女性だってギャンブルが嫌いな訳ではありません。
ただし…ギャンブルに誘い出すのはいいとしても、あなたが熱くなってはいけませんよ!