やまだの初恋は、小学校3年生で同じクラスの鈴木君。
芸能人でいうと窪塚君みたいな感じだったの!
彼が横にいるだけで、ドキドキ。
遠くにいるのに、彼の笑い声だけが響いてる。なぜか彼の声だけが私の耳に入ってくる。

席替えでは、隣の席になれるように何個もおなじないを仕込んで、

いざ本当に隣になると、緊張して隣も見れないっ!

話しかけるのも一苦労。バレンタインなんてとんでもないっ!

・・・とか思いいつつ、クッキーは焼いてみちゃったり・・・。

「あ、あの、鈴木君・・・  やっぱり、なんでもない。。」

そんな風に、何度話しかけたかわからない。

今でも思い出す、大好きな初恋の人。

今更だけどね、鈴木君は私の親友の友里のことが好きだったんだと思う。

あのころも、うすうすは気づいてた。

でも、彼のことを信じたかった。信じるしかなかった。

だって、大好きだったから・・・。

ちなみに、鈴木君とは中学で離れ離れになりました。

私の恋は、それでおしまい。

でも、また高校が一緒になっちゃったの。

正直彼を見かけるたびに緊張してた。

でも、同じクラスになることはなくって、なんとなく話さないまま、卒業しちゃったんだぁ。

山崎弘也に似て、すごくかっこよくなってた。

今はどうしてるのかな?何してるのかな?

ずっと好きな初恋の人。これからも、ずっと。