彼女や彼が出来ると、最初のうちは気分がものすごく盛り上がりますし、最初の頃のデートは二人は仲がとてもいいのですが、それでも付き合い始めの頃は、妙な緊張感が二人の間にはありますよね。特に初デートは、気分がものすごく盛り上がっていて、二人の状態は幸せいっぱいであるにもかかわらず、色々な失敗をしてしまいます。

実際にどのような失敗があるのかというと、例えば二人とも初のデートなのでものすごく緊張してしまって(どうして緊張してしまうのかわからないのも男女の不思議ですよね)、何も言いたいことが言えなかったこととか、そのため初デートなのに、早く家に帰りたくなったとか、会話がうまく出来ないで気まずいまま家に帰ってしまったと言う人はたくさんいます。

後は、最初のデートだから勝負ハイヒールを履いていったのに、あまり履かないハイヒールだったので、結局靴擦れをしてしまい、彼に余計な心配をさせてしまったとか、あるいは靴擦れで足が痛くて歩けなくなったという人もいます。実際に靴は履きなれていない靴を履くと、靴擦れのリスクはあります。あまりの痛さでデートが楽しめなかったという人もいます。

他には初デートなので、緊張してしまって汗が止まらないと言う人もいます。男性であればハンカチやタオルで汗を拭けばいいかも知れませんが、女性の場合はお化粧をしていますので、男性のようにはいきません。

それ以外には、初デートに映画を見に行くというのは昔からあるデートコースですけれども、観に行った映画の内容があまりにも重すぎて、その後の会話が弾まなくなってしまったとか、映画自体がつまらなかったりすると、そのあとムードが良くならなくなりますよね。初デートの場合に映画は無難ですが、大事なのは二人がみたい映画であればその後の会話が弾みますけれども、どちらかが興味が無い場合にはどちらかは映画の時間はとても退屈で苦痛な時間になります。それと、映画を観ている間は、場所柄会話が出来ませんので、もっとお互いを知りたいと思っているときには、意外と映画はデートコースにするには少しハードルが高くなります。

ドライブも二人っきりになる最高のシチュエーションですけれども、難点があります。例えばせっかくのドライブなのに、道路が渋滞で自動車が全く動かないということになると、お互いが気を使うだけではなく、イライラします。また、お手洗い休憩をするタイミングも難しいところで、長時間狭い場所にいると、だんだん会話する話題もつきてしまい、沈黙の時間が長く続いてしまう可能性もありますし、お手洗いに行きたいけれども、行きたいとは言えないと言う状況になると、なかなか厳しいところがあります。

それと、これは彼の方が失敗するケースですが、彼があまりにも張り切りすぎてしまって高級レストランを予約したのはいいけれども、二人ともマナーがわからないだけではなく、ドレスコードも難しく、レストランに行ったら、どうも場違いのようになってしまって、食事が美味しかったか美味しくなかったのかさえもわからないというようなこともあります。

デート中の会話でも、前の彼のことや彼女のことを話してしまったり、打ち解けるために下ネタを話題にして、彼女からドン引きされてしまうというケースは多々ありますし、後は自分のことばかり話をしても、やはりだめで、会話はキャッチボール出来ないと前に進みません。

これらの失敗などは昔から誰もがずっとしてきたことですから、そんなに心配することはありません。ただ、これから二人の仲をさらに良くするためには、アフタフォローは絶対に必要です。例えば、デートが楽しかったことの電話やメールで相手に伝えたり、もし自分が失敗をしたなあと思ったら、素直に謝ればいいんです。一番大事なことは二人のコミュニケーションなので、最初に失敗してもそんなに大きな問題ではありません。