ボルドーワインのいわゆる「五大シャトー」と呼ばれるワインが話題になることが多いようですが、簡単にいうとどのようになるのでしょうか。偉大な五大シャトーについて探ってみましょう!

「ボルドー五大シャトー」とは?

1855年のパリ万国博覧会で、ボルドー・メドック地区の格付けで“第一級”の称号を与えられた4つのシャトー(醸造所)の

  • シャトー・ラフィット・ロートシルト(ロスチャイルド)
  • シャトー・マルゴー
  • シャトー・ラトゥール
  • シャトー・オー・ブリオン

そしてこれに1973年に昇格になった

  • シャトー・ムートン・ロートシルト(ロスチャイルド)

以上の5つの世界トップクラス・シャトーのことを指しています。
ネット上で「ボルドー 格付け」と検索すると、この五大シャトーが情報として出てくることが多いようですね。
2つあるロートシルトは、「ロッチルド」「ロスシルド」とも発音されたりし、国によって主な呼ばれ方が違ったりするようです。
シャトーのHPでは、ワインの名前に「ロスチャイルド」という表記を使っていますが、日本では「ロートシルト」と呼ばれ表記されることが多いようです。
またそれぞれのロートシルト家は両方とも同じ表記ですが、家柄は別の系統です。

ボルドーの基本的な格付けは?

ボルドーのワインというと、お値段が高いことに加え、やや難解なイメージを持ってしまいますが、
大きく分けるとすると「シャトーワイン」と「ゼネリックワイン」の二つになるようです。
ボルドーのAOCは、村名AOCまでで、ブルゴーニュのようにその上のクラスの1級と特級がありません。
その理由は、歴史的に「シャトーシステム」が確立されていて、シャトーのランク付け=「格付け」がなされているためです。
シャトーワインは、色々なランク付けがされているため畑名ワインと位置付けることも出来なくはありませんが、シャトーの格付けとAOCは全く別のものです。
あえて比較するなら、ブルゴーニュのAOCの上級酒:グランクリュ(Grandes Crus特級)、プルミエクリュ(Premieres Crus 1級)に格付け上位ランクのシャトーがそれにあたりそうです。

人気シャトーのワインはネットでも買える?

大手のワインショップのイオンでは、ボルドーの五大シャトーなどにも力を入れており、人気のシャトーワインでは、シャトー ドヤック(2014 シャトー ドヤック オー メドックAOC クリュ ブルジョワジー)は本体価格2,480円、アウトドアなど手軽に楽しめるハーフボトルやワインセットなど幅広いご用意があるようですよ。
是非一度深い味わいを試されてみてはいかがでしょうか?